エコのためマイバッグを持ち歩こう

様々なエコで溢れていますが、毎日のご飯作りの中でもできるエコがありますので、調理中のエコについてまとめました。

エコのためマイバッグを持ち歩こう
エコのためマイバッグを持ち歩こう

美味しく調理でエコをしよう

マイバッグやマイ箸、節電、節水、近場は歩くなど、私たちの日常にはエコ活動が溢れています。今回、見落としがちな調理中のエコについて考えました。調理は平均すると1日3回あると思います。朝食、昼食、夕食、プラスおやつや夜食を作る方もいらっしゃるかもしれません。調理中にエコを心がけることで、1日3回はエコに参加できることになるのです。調理時の最大のエコは、食材を使い切ることでしょう。

無駄な食材を買わない、そして買った食材は必ず使い切る、これだけでも立派なエコですが、さらにエコを追求するのであれば、野菜の皮、たとえば人参や大根、ごぼうなど食べられる皮を捨てずに献立に加えましょう。こうすることで、生ゴミが減り、結果エコにも繋がります。また、調理時間を短くすることで電気代やガス代を節約するエコにも繋がり、家計にも地球にもやさしいエコが誕生します。エコは「もったいない」という精神で出来ていますので、利用できるものは利用し、食べられるものは食べて、ゴミを少なくしましょう。