エコのためマイバッグを持ち歩こう

水栓金具選びや食器洗い乾燥機を最新にするとエネルギーをセーブしたり、節水ができ、エコにも、効率アップにも繋がる

エコのためマイバッグを持ち歩こう
エコのためマイバッグを持ち歩こう

水栓金具と食器洗い乾燥機でエコと効率アップ

住宅の消費エネルギーの中で最も多いのが給湯エネルギーだそうです。水栓金具の選び方でエネルギーセーブが可能だそうです。最新キッチン設備には、使いやすい正面の位置では水のみを出し、お湯の使う時は、カチッという音で知らせ、無意識の内にお湯を使っているということもなくなるそうです。手をかざすだけで操作ができる水栓もあり、ハンドルの湯・水位置にかかわらず、確実に水を出すセンサーを搭載しているそうです。お湯のムダ使いがなくなるうえ、手が汚れているときでも水を出したり、止めたりする事が出来るそうです。

さらに節水ができるキッチン設備としては、食器洗い乾燥機を利用すると良いそうです。食器洗い乾燥機を使うと、手洗いよりも、水と洗剤の使用量を減らせるそうです。最新機種は、センサーが食器の量と汚れ具合をチェックして最適な洗い方を判断し、消費電力と水量を軽減し、水や電気の無駄をさらに減らすことが可能になるそうです。日々使用するだけでエコに貢献する機器の様です。キッチン設備を見直す事によってエコにも、家事効率アップにも繋がる様です。